SCROLL

創業140周年を迎え、
私たち飛島が次に目指すもの。
それは新たな地方創生の形。

地方を創生し、
次世代に継承するだけではない
新たな価値を創造し、
その先にある未来をつくること。

それは新たなイノベーションであり、
ソリューションである。

あなたのアイデアをデザインに。
地方創生をデザインする。

イメージ動画

募集テーマ

地方創生をデザインする。※

トビシマ創業140周年記念事業「地方を元気にするプロジェクト」として、LX(ローカル・トランスフォーメーション)により、地方の活性化や課題解決、効率化や利便性向上等、地方を新たな挑戦の舞台として変革させるアイデアを「地方創生デザインアワード」として募集いたします。

地方を元気にするアイデアであれば、どんな表現でも当アワードにエントリー可能です。

応募例

地方を元気にするアプローチは多様ですが、ここでは一例として、4つのアイデアをご紹介します。
(スケッチ・イラストと企画書、パワーポイントなど、応募形式は自由です)

❶ まち創生

- Tourism/Culture Revitalization IDEA -

まちづくりを通じて地域のウェルビーイングを高めよう
観光誘致、移住促進、暮しやすさ創生 etc
参考例

全国10のユネスコ世界ジオパークで、
野外映画祭を!

日本のジオパークは、独自の地質を誇り世界から注目を集める、観光・教育資源。
そのパーク内で野外映画祭を開催することで、美しい自然環境から豊かな食文化までを立体的に学ぶことができます。同時に、地域には、観光収入・雇用、そして、環境意識・シビックプライドをもたらします。

40か国 55万人
世界最高峰のアウトドア・ドキュメンタリー映画祭「バンフ映画祭」は、40か国で開催され、のべ55万人を動員するなどの人気を誇る。
 
過去2年、「バンフ映画祭」の運営ボランティアに関わり、エコ志向な野外映画祭の魅力を体験。

❷ しごと創生

- Work Revitalization IDEA -

産業振興を通じて地域経済を活性化しよう
地場産業支援、産業創造、ベンチャー誘致策 etc
参考例

役所が商店街に引越し!?
建て替え費用を省きつつ、
住民主導の地場産業支援

庁舎の建て替えは莫大な予算が掛かります。そのため、町村レベルであれば、既存の商店街を活用するのはいかがでしょうか。つまり、商店街の各店舗に、役所の各課が拠点を持つというアイデアです。
商店街モデルの役所は、市民の声が届きやすく、かつ、市民の行動が見えやすくするでしょう。地域ビジネスの種が商店街に集うようになり、地場産業支援を商店街再生から試みます。

町村の商店街、8割が「衰退」
駅前の好立地にも関わらず、来街者減少・後継者不足といった理由により、町村の商店街の83.2%は、「衰退している」「衰退の恐れあり」といった危機感が強い。
出典:22年版中小企業白書
 
シャッター商店街を「学びの場」に、をテーマにしたゼミに参加。地方大学に在籍する学生として日々感じる地域経済の問題意識を、地域デザインの発想で突破し、LXを実現したい。

❸ 教育創生

- Educational Revitalization IDEA -

学びをデザインして地域の未来や活力を育てよう
次世代教育、リスキリング、スポーツ教育 etc
参考例

世界に誇る森林大国として
木育ツーリズムを全国で普及

国土の約3分の2を森林が占めるにも関わらず、木材自給率は2~3割に留まり、間伐の重要性が認知されておらずと、日本の林業には産業・教育の両面で課題があります。
そこで、全国の中山間地に、森を学び、間伐材で家具を作る「木工ベースキャンプ」を設置することを提案したいです。環境とデザインを学ぶ木育ツーリズムの普及で、中山間地の磁力を高めたい。

CO2吸収量は樹齢40年で減少
針葉樹でも広葉樹でも若い木はCO2吸収力が高い。ただし、樹齢40年を超えると下がると報告されている。1960-1970年代に大量に植林された人工林は、今まさにCO2吸収力が落ち、収穫期を迎えている。
出典:長野県_地域森林計画書
 
DIY好きが高じて、アルバイトとして、3D製材機のあるカフェ兼アトリエの運営に従事。最新のデジタルテクノロジーで、林業が変わり、地域が元気になる局面に関わりたい。

❹ 環境・文化創生

- Tourism/Culture Revitalization IDEA -

地域の自然・文化資源を守りながら次代に繋ごう
環境活動、伝統文化継承、アニメなど映像文化振興 etc
参考例

クリエイターと共創する、
ミュージアムグッズのグローバルEC開設

施設の老朽化や来館者の減少で苦境に立つ美術館や博物館が、クラウドファンディングに臨むケースが増えています。その資金難を克服しつつ、若手クリエイターに活躍の場を提供する取り組みとして、クリエイターにミュージアムグッズの制作許可を与え、グローバルECを導入して、その売上を美術館・博物館とクリエイターで分配する仕組みづくりを構想しています。若い創造性と海外販路がミュージアムグッズの売り上げを底上げし、全国のミュージアムが世界と繋がるきっかけを提供します。

2020年以降、ミュージアムの補助金は減少
博物館・美術館とも、2020年をピークに補助金は減少傾向にあり、さらに、昨今の物価上昇やコロナによる来場者減も重なり、経営状況は逼迫している。
出典:文部科学省_地方教育費調査
 
美術館のミュージアムショップに3年間務める大学生として、ミュージアムグッズの可能性・限界を日々実感。C2Cサービスが着実に普及する今、デジタルの力が、全国のミュージアムを救うと妄想中。

応募概要

募集は終了いたしました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

タイトル

地方創生デザインアワード
-トビシマ創業140周年記念事業-

募集テーマ

地方創生をデザインする。

LXにより地方を新たな挑戦の舞台として変革させるアイデアを募集いたします。

※地方を元気にするアイデアであれば、どんな表現でも当アワードにエントリー可能。

募集期間
2023年8⽉1⽇〜2024年1⽉31⽇
応募⽅法
当ウェブサイト内のエントリーフォームよりご応募ください。
応募資格
応募者は個⼈またはグループとし、2023年4⽉1⽇現在で16歳から35歳迄の日本国内に居住されている高校生以上の生徒・学生の方(グループの場合は全員)とします。
グループにより共同で応募される場合は、グループを構成する全員の同意が必要です。
応募点数
応募者が応募できる点数は1人1グループ1点とします。個人で応募された方がグループの一員として重複して応募することは出来ません。
応募条件
応募に際して、「地方創生デザインアワード応募要領」に合意し、これらを遵守することを条件とします。
賞の構成
最優秀賞(1名)賞金300万円
優秀賞(3名)賞金100万円
入選(5名)賞金10万円
特別賞(5名)賞金10万円

※その他特別賞があります。

審査員

五十音順

加藤佑氏

デザイン・テクノロジー・アートなどクリエイティブな社会課題解決
アイデアに特化したデジタルメディア「IDEAS FOR GOOD」創刊者
Harch Inc. 代表取締役

1985年生まれ。東京大学教育学部卒。株式会社リクルートエージェントを経て、サステナビリティ専門メディアの立ち上げ、大企業向けCSRコンテンツ制作などに従事。

2015年12月に Harch Inc.(ハーチ株式会社)を創業し、サステナビリティ・サーキュラーエコノミーなどをテーマにデジタルメディア運営、企業・自治体・大学などの支援事業を展開している。
2016年12月、クリエイティブな社会課題解決アイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」を創刊。
現在はサーキュラーエコノミー専門メディア「Circular Economy Hub」、横浜市にて地域循環経済推進プラットフォーム「Circular Yokohama」などを展開。日経ビジネス「日本急成長企業2022」第5位にランクイン。2023年5月にB Corporation 認証を取得。
英国ケンブリッジ大学サステナビリティ・リーダーシップ研究所 Sustainable marketing, media and creative 修了。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格保持者。
※2023年7月まで欧州ツアー中
IDEAS FOR GOOD

View More

門脇あつこ氏

大阪ガス株式会社 執行役員
京都リサーチパーク株式会社 代表取締役社長

大阪大学大学院工学研究科修了。1990年、大阪ガス株式会社入社後、新商品企画、業務改革PJや全社の技術戦略企画を担当。情報通信部長を経て、2022年4月に、大阪ガス株式会社執行役員および京都リサーチパーク株式会社(KRP)代表取締役社長に就任。

大阪ガスでは、ガスファンヒーター、高齢者対応、警報機の部品リユースなどを企画。ガス機器全般にわたって、マーケット調査と新技術を利用した商品企画を担当。1999年から、ガスメーターのサプライチェーンマネジメントを担当。プロジェクトリーダーとして、製造、物流、システム、設置工事までバリューチェーン全体の業務改革を完遂。2009年から、全社技術戦略を担当し、自社技術の強みの活用と国内外の大学や企業と連携するオープンイノベーションを推進。2018年から、情報通信部長として、情報セキュリティ強化、インシデント対応、DX推進、大型基幹システム開発,などを経験したのち、2022年から、現職。
KRPは、1989年、大阪ガスのガス製造跡地に、日本初の民間都市型リサーチパークとして開業。「新ビジネス・新産業の創出に貢献する」をミッションに、賃貸オフィス、会議室、レンタルラボの運営、スタートアップ支援プログラムなどを提供。ライフサイエンスからIT企業まで、多様な業種が集まる産業集積拠点として賑わいのあるまちづくりをめざしている。
30年にわたるイノベーションを支援するまちづくりのノウハウを、次の時代にどう引継ぎ、発展させていくかを構想、妄想中。

View More

窪田規一氏

株式会社ケイエスピー 代表取締役社長
創薬バイオベンチャーのペプチドリーム(株)の共同創業者

1953年生まれ。早稲田大学卒。
(株)日産自動車、(株)エスアールエルを経て、(株)JGSの設立に携わり、同社代表取締役社長を務める。

その後、東京大学の菅裕明教授と共同でペプチドリーム(株)を創業し、同社代表取締役社長に就任。同社は2013年に東証マザーズに上場、2015年には東証一部に市場変更した。その後、代表取締役会長を経て、2021年に同社を退任。同年6月に(株)ケイエスピー代表取締役社長に就任した。
『この国の未来のために孫子の世代に美田を残す』ことを目指して、未来を担うスタートアップを支援し、20年後の我が国を支える新しい基幹産業の創出・育成、子供たちが夢と希望を描ける社会作りに取り組む。過去には経営において苦い経験もしており、成功も失敗も含めて自身の様々な経験を次の世代に伝えて、スタートアップへの伴走支援をしたいと語る。
海と音楽、人々との温かみのあるつながりを愛し、多忙な立場にもかかわらず、自ら操縦するクルーザーで家族や友人たちと海の上で時間を過ごすことも多い。

View More

小林亮元氏

株式会社ATTIQUE 代表取締役CEO

ブランド戦略、サービス企画・開発を核とした職能を活かし、「場」の地域資本をつくるためのプレイス・ブランディング活動を行う。

シカゴ、台湾、ミネソタ、タイ、ニュージャージー、ニューヨークで計 18 年の海外生活を送り、慶應義塾大学卒業後は外資系化学メーカーの3M Japanに入社。2012年、ATTIQUE を創業。
エリアデザイン・カンパニーとして、森ビル、三井不動産、阪急阪神不動産など、大手不動産デベロッパーと共に都市のブランド戦略立案やまちの企画・開発を支援。
日本橋・八重洲・虎ノ門・六本木・梅田など、数々の大規模開発プロジェクトに携わる一方で、京都・長野・瀬戸内・北海道などで経済性と文化性を融合した新たな地域づくりプロジェクトにも参画。
ローカル由来の文化性に満ちた食、自然、海、ホテル、リテール、パブリックスペース、音楽、ネイバーフッドをこよなく愛し、2022年には「食」を起点にした街づくり会社、Black Soilも立ち上げ、 食がまちの中で果たせる新たな役割をつくるために奔走中。

View More

斉藤(矢野)麻子氏

株式会社BLOOM代表取締役
株式会社ドラマティック代表
FUJI ROCK Festival 戦略プロデューサー

上智大学外国語学部卒業。米国で経営学修士(MBA)取得後、メルセデス・ベンツ、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)を経て、ルイ・ヴィトン ジャパンに入社し、インフルエンサーの会員組織を運営する新規事業を立上げ、COOに就任。

並行してルイ・ヴィトンのストラテジック・カスタマー・デベロップメントのシニアディレクターを務める。
2008年に独立、ドラマティックを創業。ロエベ、グッチ、マックスマーラ、森ビル、ミッドタウン、また川島織物セルコンや三重県酒造組合など国内外の企業にコンサルティング支援を提供。
2015年にヤオコーの社外取締役となり、現在は三菱鉛筆、サーキュレーションの3社の社外取締役を兼任。サステナビリティ委員会の委員長やアドバイザーとして、上場企業の SX推進に努めている。
2020年に「企業にとってのサステナビリティは生存戦略」であるとの信念から、研修やコンサルティングまたマーケティング施策の立案/実施支援など、サステナビリティを“知る”機会を提供して、企業のSXを促進する株式会社BLOOMを創業。
多様な仕事と両立しつつ、ローティーンの娘を子育て中。

View More

ニュース・リリース

高知県の濱田知事より当アワードの周知についてご協力を賜りました。

2023年10月3日

審査委員のプロフィールを公開しました。

2023年10月3日

スケジュール概要

8月1日 応募受付開始, 2024年1月31日 応募締め切り, 2024年2月31日 受賞発表, 2024年4月 表彰式

主催

飛島建設株式会社

協賛

株式会社ケイエスピー
京都リサーチパーク株式会社

企画・プロデュース

garde